同じ型(同じデザイン)で色違いも作りたいのですが?

可能です。顔料プリントの場合、以下の条件で対応しています。同じ型の色違いを製作する場合には、最少発注単位がありますのでご注意ください。納期は通常納期よりも少々長くなりますので、その点にもご注意ください。
染料プリントの場合は最小ロット毎での対応になります。各製品ページを参照お願いします。インクジェット染色はミニマムロット向きですが、単価面を含め他の製作方法と共にご検討いただいています。

同じ版(同じデザイン)で色違いも作る場合の最少発注単位は、フェイスタオル・マフラータオル・スポーツタオル・バスタオル・手拭いは色替え1種につき30枚から、タオルハンカチは1種300枚から、ハンドタオル・手ぬぐいハンカチは1種200枚からです。

タオルの種類最少発注単位
フェイスタオル30枚から
マフラータオル
スポーツタオル
バスタオル
手ぬぐい
タオルハンカチ300枚から
ハンドタオル60枚から
手ぬぐいハンカチ

マフラータオルでの計算例

同じデザインの型で(1枚のデザイン型で)、タオルを青で30枚プリント、赤で30枚プリント、黄色で30枚プリントして製品を作るとした場合、型は一つで良いですが、300枚未満の手数料(製品によっては600~1,000枚未満)がそれぞれに掛かってきます。

同じデザインで色替え製作

これを表にすると以下のようになります。

単価数量価格
商品単価 455円90枚(青30、赤30、黄30)40,950円
型代 13,000円1柄(単色)13,000円
300枚未満手数料 10,000円3パターン30,000円
ポリ袋入れ 35円90枚3,150円
送料(1ヶ所)本州:1,800円1ヶ所1,800円
合計88,900円(税込み)
1枚あたり988円(四捨五入)

この記事を書いた人

藤田昌己
藤田昌己
奥京都である福知山市でタオル製造を行っているタオル工場で育つ。タオル製造をはじめてから3代目にあたる。
小さなタオル工場ならではの製品づくりに、日々奮闘しています。運営に携わりつつ、現場での作業も行っています。
最終更新日: | 初回公開日: |