お客さまにお約束すること

オリジナルタオルを作りま専科を運営する三和タオル製織株式会社は、京都でタオルを製造しているタオル製造会社(タオル工場)です。私達はタオル製造を通じて、この土地で生き、この土地で働き、それを通じてより多くの人と繋がりたいと考えています。

1枚からでも喜んで製作します

小ロットのお客様の製品でも、大ロットのお客様の製品でも、同じように精一杯製作させていただきます。基本的にはどの素材も小ロットから対応しています(一部同版色替え条件あります)。

納期を守ることをお約束します

オリジナルのタオルは、イベントなど日が決まった時に使用される場合が多いものです。一度お互いで決定した納期は全力で守るようにいたします。

価格の不公平感をなくします

不公平感の典型はゼロ円表記です。私達はできる限り、無料やゼロ円表記を避けています。自ら動いてタオルの製造を行っている限り、どんな行程でも経費がゼロ円になることはありません。ゼロ円表記は、つまり誰か別のお客さまにその経費をご負担いただくことを意味します。

例えば「デザイン校正料無料」とした場合、その経費は完全データで入稿してくれるお客さまにご負担いただく形になってしまいます。当方にとって手間のかからない方法で入稿してくれるお客さまのおかげで浮いた経費を、他のお客さまのための経費に使うことはしません。

こうしたことから、ゼロ円表記はせず、価格明細を極力明確にし、タオル価格見積もりの見方を掲載し、お客さまができるだけ価格を想定していただきやすいようにするとともに、価格の不公平感をなくすようにしています。

デザインの打ち合わせを綿密にすることを約束します

デザインは納得がいくまで、納期が許すまで対応します。手書きや画像、MS WordやMS Excelなどでご希望を知らせていただければ、ご納得いただけるまでご対応します。お客様からいただいた声はこちら

Adobe Illustratorによる完全データ入稿でも、不具合が生じそうなら、実際に作業に携わっている職人としての判断でアドバイスさせていただきます。色に関しても、実際のタオル素材を使った色チップをお送りして打ち合わせしています。

環境に配慮することをお約束します

弊社は山里にある工場です。物を作ったは良いが 環境に配慮されていないのでは、これからの時代に対して責任が取れません。ただタオルを製造すれば良いとされる時代は終わっており、自分達で環境に対して 責任のとれる製造体制が求められています。

このサイトで主に提案しているプリントタオルにおいても、多くの水を使い、その処理なども問題となってきます。弊社では、プリントも有機溶剤などを使わず、環境に安全な顔料や素材を使って製造しています。

家庭用品規制法における特定芳香族アミンを容易に生成するアゾ染料の規制に対しても対応しております。安全な材料を使い製作を行っています。

タオル製造に関わりのある全ての人たちと共に歩む

弊社の基本方針は「できる範囲で精一杯に」です。タオルは1人で1社で作れる物ではありません。糸の手配から織り、晒し、染め、シャーリング、縫製、プリント、袋入れ加工、型の手配など多くの手によって一つの製品が出来上がっています。新型コロナの大きな逆境を経験し、改めて様々な人と人の繋がりを思い直しました。
弊社は日本の中で、様々な人と手を取り合って、製品を作る取り組みを行いたいと思っています。