会社概要

三和タオル製織株式会社は昭和38年(西暦1963年)から京都丹波でタオルを製造している工場です。このページでは、沿革や取扱品目、設備などを紹介しています。その他の会社情報については特定商取引法に基づく表記をご覧ください。

沿革

三和タオル製織株式会社(サンワタオルセイショク)は、元は丹後から京都へと続く街道(京街道:本社前の通り)沿いで、呉服や雑貨を売る藤田文助商店として商いをしておりました。その後、昭和39年8月(届出)本社所在地にて創業いたしまた。

実際にタオルを製造しはじめたのは、昭和38年月の頃で、弊社周辺でもメリヤス製造、タオル製造などと、繊維に関する仕事をはじめる方は多かったようです。タオルの製造は最盛期には8軒となりました。

昭和38年 タオル製造を開始
昭和39年 現本社所在地にて創業
昭和57年 株式会社を設立。名称を三和タオル製織株式会社(サンワタオルセイショク)と改めました。
平成5年 藤田文助(隠居)が京都府より優秀技能賞(現代の名工)を頂きました。
平成19年 100年以上の永きにわたり社業を進展してきたとして感謝状をいただきました。
平成21年 京都商工会議所主催の”中小企業のためのホームページコンテスト京都2008″で、弊社Webサイト「タオル通販 たおる小町」が審査員特別賞を受賞。
平成22年 京都府から「知恵の経営」実践モデル企業として認証を受けました。
平成25年 KES環境マネジメントシステム・ステップ1の取り組みを始める
平成27年 弊社工場地にて太陽光により発電を開始しました。

京都府中小企業「知恵の経営」実践モデル企業認証

平成22年3月31日付けにて、京都府中小企業「知恵の経営」実施モデル企業認証いただきました。認証の取り組みに際し、アドバイス、ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。今後も理念を曲げずに、お客様に変わらぬ品質の製品を提案できるよう精進していく所存です。

主な取扱商品

ミニタオルハンカチ ハンドタオル
フェイスタオル スポーツタオル
マフラータオル バスタオル
大判バスタオル その他既製品

主な製造設備

ドビー織機 自動へム機 プリント機
熱風乾燥機 製版設備 工業ミシン
刺繍機(多頭機) 検針機 整経機

本社&工場前、昔の写真

スタッフ紹介

Web担当 藤田昌己

WEB担当をしています。四代目でもあります。主に製造管理、プリント型製作などを行いながら、問い合わせなどに答えております。たそがれトンボというブログも書いております。

fujitamasaki

WEB担当と版下を作っている風景

三和タオル製織株式会社で働く人達

三和タオルで働く、シャイなスタッフ達です。この他にも、電話にも出る事務員やほとんどが女性の力で成り立っています。