匁(もんめ)とは何ですか?

匁とは重さを表す尺貫法の単位の一つで、一匁(いちもんめ)は一貫(いっかん)の千分の一であり、一匁は3.75グラムに当たります。

匁(目廻し)の計算方法

タオルは習慣的に、100匁(375g)あたりの重さで取引されていました。これを匁廻しと言い、目廻し何百円と言う具合に取引されるのが通常でした。これはよほど大きなサイズのものでない限り、12枚(1ダース)当たりが前提とされます。

よって、例えば62gのタオルがあったとすると、以下のような計算により、200匁で織られたタオルということになります。

  • 62g × 12(1ダース当りに直す)=744g(1ダースの重さ)
  • 744 ÷ 3.75(1匁=3.75g)=198.4匁=およそ200匁のタオル

逆に200匁のタオルがあったとすると、以下のような計算となり、200匁タオルはおよそ62.5gくらいのタオルということになります。

  • 200匁 × 3.75(1匁=3.75g)=750g(1ダースの重さ)
  • 750g ÷ 12(1ダースは12枚)=62.5g

匁のとらえ方

最近では輸入物のタオルが市場の大半を占めるようになり、匁の単位そのものが意味をなさなくなっています。大手スーパーや通販のカタログを見てもg(グラム)表記が多いので、これも時代の流れなのかもしれません。これは感覚として、作るという労力ではなく完成された物が容易に手に入れられるようになった一つの形ではないかと感じています。簡単に言うと、より消費者側に立った一つの流れだといえるでしょう。

弊社のこのサイトでは、匁表記を多用しています。サイズ表記にも約という表示してあるように、織り物をg(グラム)単位で合わせていくのは容易ではなく、何より仕事単価的に合ってきません。一つの機(はた)で同じ製品目方のものばかり延々と織っていく場合は別ですが、最近のように多様性を求められる場合、やはりおおよその意味合いが妥当なものとなります。加工方法によっても少々のことは簡単に違ってきます。

匁というのは繊維に携わる者にとっては非常に扱いやすく、トラブルの軽減にも役立ってきているのではと思えます。このトラブルの軽減が結果的にお客さんとのトラブル軽減にもつながっているのだと思えます。

最終更新日: | 初回公開日: |