色落ちについて

色は落ちにくいように加工していますので、極端な色落ちはありません。しかしまったく落ちないというものでもありません。基本的に、人工的に付けた色はいずれ落ちるものだからです。とはいえ素材の組み合わせなどの研究の成果によって徐々に洗濯堅牢度は増し、洗濯後の色落ちはかなり少なくなっています。

色は落とそうとすれば落ちる

色落ちがするのではないかと故意に確かめようとすると、それは方法により、いつまでたっても確認出来る場合もあります。元の素材に後から色をつけていますので、色を落とそうとする行為を行えば落ちていきます。またそれは濃色プリントであるほど確認しやすくなります。現在は素材上への色残りは多いため(洗濯堅牢度が高い)、素材上の色が極端に薄くなるということは無くなってきています。

洗濯堅牢度と風合いの関係

ソフトな風合いと少ない色落ちは、両立しにくい面があります。タオル製品の顔料プリントでは、色によって風合いが変わるという特性があるためです。顔料をしっかり定着させると風合いが固くなってしまうので、製造者それぞれの材料バランスによる部分が大きくなります。

もちろんいきなり柄が消えるなどということはありません。洗濯回数を重ねるにしたがって、徐々に色は薄くなっていく可能性をもちますが、これは使用する洗剤(後述)や洗濯の環境によって変わることでもあります。最近は改良により良くなってもいます。

またタオルは日用品ですから、人体や環境への影響に配慮する必要があり、どんな素材を使っても良いということにはならず、そこが今でも試行錯誤している難しい点です(関連記事:顔料プリントとは)。

色落ちと洗剤の関係

色落ちで問題になりやすいことに、洗濯時に使われる洗剤との兼ね合いがあります。洗剤はどんどん良くなり、テレビコマーシャルでも「白さきわだつ」など汚れが落ちて当たり前のものとなっています。これが色物の場合、色まで落としてしまうこともあります。洗濯に関して詳しくはこちらをご覧ください。

新品のタオルについて

未使用新品のプリントタオル製品(特にベタプリント製品)は、汗などの水分または摩擦によって余分な色が落ち、服などに色移りする可能性がありますので、洗ってからの使用をお勧めします。仮に、付いてしまっても使用しているのが顔料素材でもあり、移染してしまうことは考えにくく、洗うと落ちる事が多いです。これは定着しなかった色は再度は特殊な加工を行わないと定着しない素材特性によります。