タオルの縫製について

タオルの縫製に関して

弊社のタオルの縫製は、社内または近隣の内職協力者で作業しています。以下の説明は改善目標であり、常に改善を目指していること、またこれらは程度問題でもあることをご了承ください。縫製の良し悪しは気になり出すときりがないものですし、プリントする色によってはどうしても目立ってしまうこともあります。

  • タオルは不定形の物であるため、タオル両端の三つ折り縫製部分は生地のラインを優先して縫製されているとは限りません。
  • 洗濯後のゆがみ、製品としてのゆがみを防ぐ為、タオルとしての全体の形とバランスを優先して縫製している方針となります。そのため織りのラインに忠実に縫製されているとは限りません。
  • タオルの不定形の割合は、織り上がりから加えていく加工の量によって増えていく傾向にあります。それは織ったままの状態から、晒し、プリントなどの工程を辿ることによって徐々に増えていくと言う意味です。各工程で完成タオルの状態が美しくなるよう日々努力しています。