洗濯の際の注意事項

タオルの洗濯注意事項

弊社は製作方針として、環境もしくは人体に安心に重きを置いた製作を目指しています。弊社が行う顔料プリントは、製品はじめは色の濃度によって余分な色が落ちる場合がありますが、移染はしにくい素材となります。タオル素材上の色が無くなるわけではありません。

納品されてすぐの洗濯

  • 色物は初めしばらく色落ちすることがありますので、移染はしにくいですが念のため、単独で洗うか、または白物と一緒に洗わないようにしてください。
  • シャーリング素材は構造上、故意に指で毛をつまんで強く引っ張ると、毛が抜けます。それと同じ作用で洗濯時、場合によってはしばらく毛抜けが確認出来る場合があります。その場合はタオルのみで洗うなど行ってください。特にドラム式洗濯機は注意してください。
  • 初めのうちはプリントした部分を洗うと、泡立つような現象を確認出来ます。これは色液に混ぜる増粘剤(水糊)によるもので、人体にも環境にもまったく問題ありません。しばらく洗うと落ち着きます。増粘剤は柄を形成する為に使用されるもので、それ以外の効果はありません。このため弊社では色液と言わずに、色糊と言ったりもします。

通常時の洗濯

  • 塩素系漂白剤(または塩素・漂白剤を含む洗剤)は使わないでください。色落ちの原因となります。また塩素をたくさん含んだ水で洗うと、洗濯物が変色しやすいなど様々な問題の原因になります。
  • プリント製品ですので「色落ち防止成分配合」の洗剤を使用されることが望ましいです。
  • 過度な柔軟材の使用は、タオルの吸水性を落とし、また肌の敏感な人への痒みの原因になる場合があります。使われる洗剤の表記を良く読んで、適切な量を使用して下さい。
  • 激しくもみ洗いをすると、パイル地の場合毛の向きが変わり地色(白色)が見え色が落ちているように見えます。またシャーリング素材の場合、毛抜けの原因になるので止めてください。
  • 洗濯水にお湯(まだ暖かいお風呂の残り湯など)を使わないでください。細かい毛羽立ちの原因になります。

乾燥についてのご注意

  • 洗濯して濡れたままの状態で長時間放置しないでください。色物から白物へ色移りする可能性があります。また、ばい菌の発生により、嫌な匂いを発する場合があります。この場合の匂いはなかなか取れません。
  • 直射日光での乾燥は日光消毒になってよい一方で、プリントの退色の原因にもなります。できるだけ直射日光の当たりにくい場所に干すなどするとよいでしょう。
  • タンブラー乾燥をすると(または洗濯乾燥機で乾燥まですると)しわ、縮み、形のゆがみ、毛羽起こりの原因となりますので、できる限り避けてください(タンブラー乾燥について詳しくはこちら)。
  • ミニタオルハンカチでかがりとして使用しているメロウ縫製は、1点を持って引っ張ると、ほどける場合があります。洗濯にて干される場合ご注意ください。