完全データでの入稿について

Adobe Illustratorを使用し、一定の条件を満たしたデータで入稿いただく場合、デザイントレース費用はいただいておりません。仕様については以下をご覧ください。

仕様

  • データと共にjpegもしくはgif画像も付けてください。旧バージョンとCSでは見える色が違う場合があります。
  • 各商品のページにあるタオルサイズと印刷可能範囲を必ず参照してください。各商品のページにはテンプレートもご用意しています。
  • 文字テキストのアウトラインは必ずとってください。
    (アウトラインの取り方。テキストを指定して、「書式」→「アウトラインの作成」)
  • 印刷などの業界的に塗り足しをデータ上で作って入稿される場合があるようですが、捺染型の場合はこちらで塗り足しをつくりますので入稿データでは基本的には不要です。
  • 透明は使わないでください。
  • マスクの多用はやめてください。デザインはいずれにしてもこちらで分解するのでその時、わけが分からなくなります。
  • タオルは滲みが生じる素材です。細かいデザインは再現に限界があります。
  • レイヤーは一つでも良いです。印刷物ではないので複数レイヤーは意味がありません
  • 弊社で使用しているソフトのバージョンは基本的にいつでも最新です。保存形式はEPS、PDFでも可能です。
  • Adobe Illustratorの複雑なテクニックは必要ありません。基本教則本にあるようなデータ作りがむしろ大歓迎です。
  • まれにイラストレーターの中に画像を埋めこんで、イラストレーターのデータとされる場合がありますが、画像は画像に違いありませんので、欲しいデータと趣旨がことなります。その場合はデザイントレース校正料にて対応させていただいております。
  • 版データとして、まれに黒版データで入稿される場合がありますが、色イメージのままでデザインデータとして入稿してください。