デザインの入稿について

デザインの入稿は、手書きでも、ワード、エクセルなどの画像でも、ビットマップ画像でも、打ち合わせの材料になるものなら何でも構いません。

Word、Excel、Photoshopなどの画像データ

Word、Excel、画像(jpegやgif、pngなど)、Adobe Photoshopなどのデータは、そのままでは型を製作できず、デザイン校正が必要です。この費用としておよそ3,000円から10,000円をご負担いただいています。

  • あまりに荒いデータは、デザイントレース作業ができない為、再度提出していただく場合があります。
  • 文字数が少ない、ロゴが非常に簡単な場合に限り、サービスでデザイントレース作業を行う場合もあります。

いずれにしてもこれらのデータの場合は一度見せていただき、相談してください。またWord、Excelで作られたデータは、こちらにメールで届いた時には、フォントが置き換えられてしまう場合が多いです。

Wordアートに長けておられる方は、普段使わないソフトを検討するよりも、これで入稿してこられた方が、作りたいタオルが明確で、結果デザイン校正料が安くなる場合があります。文字のみでデザインを校正される場合ならなおさらです。

手書き原稿での入稿

手書きによるデザイン原稿は、スキャナで取り込まれた画像のメール添付送信、FAXまたは郵送にて送付してください。それを元にこちらでデザイン校正をします。完成した原稿(版下)は、PC(メール)、もしくはA4用紙にプリントアウトされた絵刷りで確認して頂きます。デザイン校正の費用はおよそ3,000円から10,000円です。内容や仕上がりイメージにより提案点数は変えています。

tegaki

おおまかなデザインでの入稿

内容により別途見積もり致します。大体(おおまか)な物でも結構ですので、デザインをお伝えいただければ、こちらで作成します。できるだけ分かりやすくデザインイメージをお伝えいただければ幸いです。

Adobe Illustratorのデータ

Adobe Illustratorとはアドビシステムズが販売するベクトル図形編集ソフトで、デザインに携わる方の多くが使われているドローツールです。これを使用したデータでの入稿の場合、デザイン校正料は不要です。詳しくは完全データでの入稿についてをご覧ください。

デザインデータまたはデザインイメージの入稿方法

問い合わせ、見積もり依頼時にデータやイメージがある場合、問い合わせフォームにて添付してください。より詳細な返答が出来ます。セキュリティを考えあまり大きなデータは添付エラー送信出来ない場合があります。その場合、問い合わせ後すぐに帰ってくる自動応答メールに返信添付してください。データ便や自身のクラウド環境で入稿いただいても構いません。もちろん郵送などでも構いません。いずれのファイル送信方法もよく分からない場合、こちらからその方法を簡単に連絡することも出来ます。

Inkscape(フリーソフト)の利用

ベクターデータでデザインを作れるInkscapeと言うソフトがあります。Adobe Illustratorの簡易版といった感じのソフトですが、説明サイトなどが多数あります。まずはInkscapeと検索してみてください。無料ソフトです。他にも、CorelDRAW(Windows環境のドローソフトの代表)、OpenOffice.org Draw(フリーソフト)、LibreOffice Drow(フリーソフト)、ジャストシステム 花子があります。

こういったソフトに抵抗のない方は、自分の思うようにデザインができます。ただ、扱いの簡単なソフトではありません。必ず自己責任で行ってください。慣れるとかなりの事まで出来ます。

  • フリーソフト利用は自己責任でお願いします。
  • フォントは必ず、パス→オブジェクトをパスへを行ってください。
  • 見積もり時、データも必ず見せてください。見積もり判別や納期返答、アドバイスが出来ます。
  • こちらではイラストレーターにて展開して確認します。
  • PDF形式で見せていただけると助かります。

画像の貼り付けなどに対する対応はIllustratorによる完全データの場合と同じです。svg形式は少し前まで容易に開くことが出来ましたが今は不具合が起きることが多いです。PDFで書きだしてみせていただけると助かります。