プリントできる範囲

タオルデザインの範囲

弊社ではプリント範囲について、「枠内プリント」と「全面ベタプリント」という表現に分けています。このプリントタイプによって、プリントの範囲が変わります。同じ種類のタオルであれば、ベースになる生地は同じもので、プリントの範囲だけの違いです。

枠内プリント

プリント範囲の枠内でデザインを表現します。この画像の例では、青いラインがプリント範囲で、その内側だけにプリントします。

タオルは白の状態が一番吸水性が良く、プリントを載せた部分はそうでない部分に比べていくぶん劣ってきます。細かな違いではありますが、吸水性を特に重視する場合は枠内プリントで考えるとよいでしょう。
※青枠は説明ガイドラインです。

全面ベタプリント

デザイン範囲の枠を超えて、全面に色をかける表現をします。この画像の例では、デザイン範囲は青いラインの内側までですが、色を付ける範囲はタオルの全面に及びます。

デザイン範囲は、デザインをこの中に収めてくださいという範囲です。一部範囲をはみ出したデザインをすることも可能ですが、文字などモチーフは範囲内に収めていただく必要があります。タオルは不定形な製品なので誤差が生じやすいため、この範囲を設けています。

表面がシャーリングされたタオルベタプリントにはいろいろな方法がありますが、弊社では1枚づつのタオル生地に対して全面ベタプリントを行うピース捺染をと言うのを行っています。上図は、シャーリングフェイスタオルにベタプリントを行った写真です。

ベタプリントは基本的にはシャーリング生地に対してシャーリング面に行います。そのため、表面のみに色が付き、裏面は白生地のままとなります。カラータオルに対してのベタプリントは配色の難しさから、ほとんど行った事がありません。

柄が生地端まではみ出したデザイン

frame-over-design単色(1色)によるデザインの場合だけは製作可能です。この場合も、主要なデザインは青い枠に示すデザインの範囲内に入れてください。

なお、デザイン上、たとえ一部のみ生地端に色が掛かるレイアウトでも、すべてベタプリントの扱いになることにご注意ください。

生地端の滲みに注意

bleedingこの図のように生地端に掛かる部分では、色の滲みが発生します。弊社でのオリジナルタオル製作では、この滲みを防ぐ方法はありません。ただし、生地端の滲みに関しては、淡い色ならより気にならない傾向にあります。

プリントのハネ

写真は全面プリント(ベタプリント)の際のタオルの長い辺の裏側を示しています。

枠内のプリントと違い、全面ベタプリントはタオルに対して、大量の色液を掛けて、刷毛(ハケ)にて刷る作業になります。その為基本的にタオル裏面生地端への色の回り込みも生じます。また、捺染台から乾燥機に入れる際も、人間の手による作業です。ベタプリントを行うと、タオルの厚みの関係で、プリント後、四方に色の溜まりが出来ます。これが生地裏への回り込み、撥ね(ハネ)の原因となります。生地厚があるほどなりやすい現象です。

縫製とプリントの順序の理由もあります。長い辺を縫製したタオルにプリント作業を行います。(タオルの短い辺はプリント後に縫製します。) 長い辺をあらかじめ縫製している理由としては、タオルを晒す上で強度や歪みの関係から必要となります。

多くの場合デザイン表面にまず注意をはらって作業しており、出来る限り綺麗な仕上がりになるよう努めていますが、多少の事はご容赦願います。

製作できないデザイン

青いラインを外側に越えた部分が多色レイアウト、又は2色以上が生地端に掛かるデザインの場合、オリジナルタオル製作を行っておりません。
これは上図の生地端の滲みによる色の混ざりに加えて、様々な不具合・リスクが生じるからです。デザインの場合によっては上手くいっても、多くの場合汚れのように見えるためでもあります。

マフラータオルだけ両サイドに多色のはみ出しが可能

マフラータオルのみ、両サイドに多色のはみ出しが可能です。ただしこの場合も、主要な柄は青のラインに示す、デザインの範囲に収める必要があります。マフラータオルの場合、素材約21.5×110cmに対して、17×101cm以内ということになります。

range-of-print-2

マフラータオルの製作事例など参考にしてみてください。問い合わせ時にも相談返答も出来ます。